日本人であることについてもう一度見直す

Published by Hiromi Nishiwaki on

 日本人は貧しい、しかし高貴である。

世界でどうしても生き延びて欲しい民族をただ一つあげるとしたら、それは日本人である。

ポール・クローデル

No alt text provided for this image

私が日本人の良き資質について考えるとき、ポール・クローデルのこの言葉をいつも思い浮かべる。

 ポール・クローデルは、外交官であり偉大なる作家であった。親日家として有名であり、長気に渡る外交職務の後、1921年駐日フランス大使となった。上記の言葉は、太平洋戦争のさ中、日本の敗戦が濃厚だった頃、フランス・パリの晩餐会でクローデルが語った言葉と聞く。

 上記の言葉には、フランス人外交官らしいリップサービスを含んでいるのであろう。しかし、クローデルは親日家であった。クローデルは、当初中国に外交官として派遣されたが、日本への派遣をずっと望んでおり、中国ではそれほど馴染めなかったようだ。

クローデルの親日家である所以は、姉のカミーユの影響が大きいと聞く。姉のカミーユ・クローデルは、有名な芸術家であり、同じ女性としては彼女の、繊細で多彩があるがゆえの苦悩に、悲しみと尊敬を禁じえないものがあるのだが、いずれにしても、カミーユ・クローデルこそが、パリ万国博覧会などによるジャポニスムの影響によるものであろうが、繊細な日本文化のことを、ポールに教えたようだ。したがって、幼少から、クローデルは多大な親日家であった。

No alt text provided for this image

 クローデルはフランス人らしくロマンチックな人であった。若き日、中国福州での勤務により、ホームシックになったのか、あるいは、環境の違から来るストレスであろうが、精神的にまいってしまい、一度フランスで療養することになる。

そしてそこで、運命の女性と出会い、大恋愛をすることになる。そしてこれが彼が大作家となるきっかけとなる。彼は、彼女との出会いにより彼の人生の意義を再発見する。それは、「薔薇」、「水」、「恋」であったようだ。

No alt text provided for this image

 余談になるが、クローデルの運命の女性は、既婚者ではあったが、彼を追って、福州に住み、恋愛関係となり子供を出産する。さすがフランス人、としか言いようがない。それでクローデルの才能が更に開花し、この世に愛の結晶を授かったのであるのだから、なんともロマンチックであると私は思う。

  

さてここまでが前置きだ。

今日私が書きたいのは、日本人の高貴さについてである。

今日その高貴さについてまさに感じることがあったので書くことにする。

No alt text provided for this image

 東京と長野は本質的に極めて異なる世界である。

No alt text provided for this image

長野というのは歴史的にも稲作が盛んな地域であることもあり、グループや集団意識、地域というものの結束がとても高い地域である。よって、自分のことより、他人とどう共存するか、を大切にする地域である。よって必然的に他者に関心を持ち、他者を知りたがり、他者に優しくし、他者に与え…という典型的な、他者尊重型日本文化が発展している地域であると私には感じられる。

 

No alt text provided for this image

  私もかつてはそのような人間であった。

他者を思いやる

他者に尽くす

他者に優しい

  

しかしこのようなパラダイムは資本主義の競争においては、食われる原因にもなる。

なぜが。資本主義社会には獲物を狙う猛者が沢山おり、思いやりや優しさが蹂躙されることがしばしばであるからだ。資本主義というのは武器を経済に置き換えた戦いでもあるからだ。

 私はこの事実を学び、人間は精神的にも物質的にも武装しなければならないことを学んだ。

人間は、優しさと同様に、強さを身につけなければならない。技術を身につけなければならない。生きるとは全てであり、優しさだけを意味しない。そもそも自然界がそういう場所だ。

  

思いやりや優しさは適切に表現されなければならないのだ。それを、的確に受け止められる人に施さなければならないのだと私は思っている。

No alt text provided for this image

 したがって私は常に優しさを押し殺してきた。

優しいとは危険であることであるからだ。

  

しかし、当地長野は、縄文文化の影響でもあるのだろう。

絶望的に、他者に優しくあろうとするのだ。

優しいとはすなわち、人に施す、人に笑顔する、人に譲る、などのことを言う。

No alt text provided for this image

道路を歩行者として歩いていれば、100%車は道を譲ってくれる。クラクションで歩行者を脅すようなことは絶対にしない。

一つ別の例を上げる。先日、私は、東京の友人にフルーツを買おうと思って、市場に行き、沢山の買い物をした。

しかし残念な頃に、台風の影響で宅急便がやっていない。だから、私は、買ったフルーツを全部自分で食べようと思った。ところが、市場の人間は、フルーツを返品していいと言うのだ。私が買わなければフルーツは腐り、誰も買わず、お金にならないだろう。だが、彼らはそれでいいと言うのだ。挙句の果てに、新鮮な味噌汁を無料で振るまってくれた。当たり前のことと思うかもしれないが、経済活動において、1円でも安くして、競合に勝ち、市場で首位に出よう、などという記事を読んだあとには、やはり感心せざるを得なくなるのだ。

  

また、当地はそもそもお金儲けをしようという意識はあまりないように感じられる。例えば、温泉に行っても、ドリンクが無料で振る舞われている有様だ。温泉に入ったあとのドリンクは美味しい。人々は黙っていてもお金を落としていくだろう。それを無料にするのだが、お金儲けをしようという考えがあまりないことは明白である。彼らにしてみれば、お金儲けよりも、風呂に入った人に寛いでほしいということが大切なのであろう。経営者としての視点にたてば、残念な思いだが、人間としての視点にたてば、立派であると感心する。

   

また、当地は過疎の先進地でもあるが、高齢者にとても優しい地域である。当地は、川中島の戦いで武田信玄と上杉謙信が戦った激戦地から離れていないのだが、謙信に親しい土地であった。謙信という人は、日本人では珍しく、愛という言葉を尊重した人であった。兜に愛という言葉を飾るのであるから、なかなか素敵な人である。

謙信を愛する長野県の人は、高齢者に残虐であった信玄を嫌っているようだ。

私もどちらかといえば、信玄より謙信が好きである。総じて、信玄の山梨県は、我と押しが強く、謙信の越後・長野はいわゆる心優しい人が多いように感じる。つまり、長野は老人にも人にも優しいのだ。

 

楢山節考という映画があった。老人の口減らしの話だ。それも長野が舞台であったように思う。長野には姨捨という街がある。食物がないので、老人を捨てる。これをすなわち、姨捨という。しかし、そこには、愛があったように思う。生の不条理に悲しみながらも、捨てられるものは、その役割を、運命への憎しみではなく、静かな受け入れとして担っていたように感じる。

No alt text provided for this image

 ここまでで長野について確認したいのは、彼らの優しさ、運命を受け入れるオリエンタリズム的な女性的な地域であるということである。

実際長野県はとても女性的な地域である。信玄は男性的、謙信は女性的。

八ヶ岳は男性的、妙高など北信五岳の山々は女性的である。

No alt text provided for this image

長野県が女性的であることを更に述べてみる。

野麦峠という映画がある。日本はその近代化を製糸業によってもなし得た。

富岡製糸工場は、年にできた官営工場であり、ユネスコの世界遺産ともなり、生糸の輸出に貢献したが、そこで働いていたのは農家の子女である。彼らは過酷な環境で肺病になるほどに働き、その過酷さに堪えきれず、逃げ出す女子も多かった。当地に須坂という街があるが、逃げた女子を捉えていたこともあると聞き、悲しみを禁じ得なかった。産業の発展、経済の発展の背後には、このような女性の存在があることを忘れてはならない。

さらに、満蒙の開拓について述べる。長野県の多くの人々が、戦前満州へと開拓に赴いた。この点につき、わが友人である、中国の友に対しては、開拓という言葉が適切ではないことを予め述べておく。

彼らは、言われるままに”開拓”に向かったのであろう。だが、過酷な運命が待っていたようだ。当地のご高齢の老人から、“人々がロシア人から逃れるために川に次々に飛び込んでいったのを私は忘れられない”と初対面で聞かされた。彼にとっては、決して忘れることができない記憶なのであろう。私自身、日々こなさなくてはならないことが多く、一度掘り出したら止まらないパンドラの箱であるがゆえに、何もいわなかったが、それでも、自分なりに真摯に受け止めてはいた。

おそらく、お人好しで、優しい?長野の人は、周りが満州に行くから、自分も行く、とか、行きたくないけど、行かなくてはいけないみたいだから、行くとか、そういう他者尊重の理由で、向かってしまったのでないだろうか。女性的な受け身という姿勢の悲劇がそこに見えるような気がした。

No alt text provided for this image

一方でこういうことがあった。その人は現在94歳になる御大である。御大は若き日に、陸軍の入隊試験を松本で受けた。試験を受けた後、教官が、全員の前で次のように言ったらしい。

この中で、戦争に行きたくないものはいるか?

御大だけが手を上げた。御大は次のように言った。

 

 

私は生きていれば、必ず世の中の役に立つ人間です。だから私は戦争に行きたくありません。

御大は決死の覚悟でその言葉を述べたに違いない。

No alt text provided for this image

 結果御大は戦争に行かないことを許される。その後、自らが入隊試験の合否を取り扱う係となり、戦地に行くかいかないかを決定する立場となる。その後薬品を取り扱う係となり、そして戦後、言葉通り、当地で会社を作り成功した。

 

実に面白い。どんなに受け身な長野県にも、このような鷹のような人間がいるのである。しかしこの鷹は、実は愛の人であった。自らが作ったその会社で、農作物を尋常ではない低価格で販売し、非営利で運営し、貧困にある人を助けていたからだ。

No alt text provided for this image

 さて、こころでクローデルの言葉にようやく戻る。

 

日本人は貧しい、しかし高貴である。

世界でどうしても生き延びて欲しい民族をただ一つあげるとしたら、それは日本人である。

ポール・クローデル

クローデルの言う高貴さとは何か?

それは、困難においても、他者に対する配慮を忘れない、自分のことだけでなく、自分を含む他者を常に思いやる心であると考える。

 

『地震の日の夜、私が東京と横浜の間を長時間歩いた時、或いは生存者たちが群れ集まった巨大な野営地で過ごした数日間、私は不平一つ聞かなかった。廃墟の下に埋もれた犠牲者たちの声も、「助けてくれ! こっちだ」というような差し迫った呼び声ではなかった。「どうぞ、どうぞ、どうぞ、お願いします」という慎ましい懇願の声だった』

 

強い生き物が残る資本主義社会の構造において、クローデルが称賛したこのような他者を思いやる態度、自分を必ずしも優先しないという態度は、時に利用される立場、自らを危険に貶める立場に追い込んでしまうことがある。

 

  

しかしながら、世の中からこのような思いやり、共存の精神が死んでしまった良いはずもない。

 

私もまた、資本主義経済という男性的、力の論理が優先される社会の中で、女性的、長野的な、思いやりの心を制御するように生きてきた人間である。

発展や成長を何よりも第一に考える社会においては、人情や思いやりという精神は、余計であることもある。自分よりも他者を優先するなどというのは自殺行為となり得る。素朴でお人好し、強きものに、良く考えることもなく、素直に従う彼らを見ていると、嫌悪感を感じることもあった。経済よりも人に施すことを優先する彼らは、実に東京よりも所得が低い。東京から来た私は嫉妬されることもある。

 

 

 

だが改めて思うのだ。やはり、長野の人は、高貴なのだ。かつて、外国人が、日本を見たように、私には長野の人の姿が高貴に見えるのだ。

 

彼らは貧しい。だが高貴なのだ。

 

お化粧もせず、泥のついた靴で私にラーメンを作ってくれる女性は、満面の笑顔で私をもてなし、私に精一杯尽くそうとしてくれる。料理や、物産など、持てる限りのものを、私に差し出し、常に他者との共存を図ろうとする。

  

特攻隊の人は、アメリカに対する怒りや憎しみから、死に赴いたのではない。愛する国と人を守るために、自らを犠牲にすることを、自らの運命として受け入れた人々である。

No alt text provided for this image

26 May 1945. Corporal Yukio Araki, holding a puppy, with four other pilots of the 72nd Shinbu Squadron at Bansei, Kagoshima. Araki died the following day, at the age of 17, in a suicide attack on ships near Okinawa.

私は、特攻を肯定しているわけではない。次のことが言いたいだけだ。

仏陀は、一切皆苦(人生は思い通りにならない)と説いた。

人生がもし、思うようにならないのであるならば、愛する者のために、自らの命を犠牲にすることは、極めて高貴な行為ではないだろうか?

 

日本人は、自らが高貴な心を持つことを今一度思い出す必要があるのではないだろうか?そしてそれこそが、本当の日本人のアイデンティティであり、世界が日本を愛し、尊敬する理由ではないだろうか?

No alt text provided for this image

 日本の男性的な高貴さである武士道の精神

義、勇、仁、礼、誠、名誉、忠義

No alt text provided for this image

  日本の女性的な高貴さである犠牲の精神

No alt text provided for this image

 

これら、我々の高貴さは、人類の共通の良き資質でもある。

 

我々は、それらの精神をしっかりと認識し、引き続いて日々を過ごしていきたいものだ。

No alt text provided for this image
No alt text provided for this image
No alt text provided for this image

 

  外国人の明治日本紀行

https://rnavi.ndl.go.jp/kaleido/tmp/112.pdf

 Orientalism

https://en.wikipedia.org/wiki/Orientalism

Orientalism (book)

https://en.wikipedia.org/wiki/Orientalism_(book)

 Pictures

https://www.vintag.es/2016/05/rare-vintage-photographs-of-japans.html

 Kamikaze

https://en.wikipedia.org/wiki/Kamikaze

 Yamato-damashii

 https://en.wikipedia.org/wiki/Yamato-damashii

 岡谷のシルク

http://silkfact.jp/wp/wp-content/uploads/photo.pdf

 

 

 

 

 


Hiromi Nishiwaki

Office Flora "JAPANOPHILE " Promotion was founded as a Japanese culture Research firm in 2017. We provide exciting information on Japanese Art and Culture and offer intellectual excitements though the prism of Hiromi Nishiwaki. We provide deep insights about Japanese traditional culture and Art from a Western perspective while keeping the core concepts from the Japanese Spiritual and traditional values intact. Our mission is to contribute to world happiness and prosperity.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.