Japan vintage

日本人であることについてもう一度見直す

 日本人は貧しい、しかし高貴である。 世界でどうしても生き延びて欲しい民族をただ一つあげるとしたら、それは日本人である。 ポール・クローデル 私が日本人の良き資質について考えるとき、ポール・クローデルのこの言葉をいつも思い浮かべる。  ポール・クローデルは、外交官であり偉大なる作家であった。親日家として有名であり、長気に渡る外交職務の後、1921年駐日フランス大使となった。上記の言葉は、太平洋戦争のさ中、日本の敗戦が濃厚だった頃、フランス・パリの晩餐会でクローデルが語った言葉と聞く。  上記の言葉には、フランス人外交官らしいリップサービスを含んでいるのであろう。しかし、クローデルは親日家であった。クローデルは、当初中国に外交官として派遣されたが、日本への派遣をずっと望んでおり、中国ではそれほど馴染めなかったようだ。 クローデルの親日家である所以は、姉のカミーユの影響が大きいと聞く。姉のカミーユ・クローデルは、有名な芸術家であり、同じ女性としては彼女の、繊細で多彩があるがゆえの苦悩に、悲しみと尊敬を禁じえないものがあるのだが、いずれにしても、カミーユ・クローデルこそが、パリ万国博覧会などによるジャポニスムの影響によるものであろうが、繊細な日本文化のことを、ポールに教えたようだ。したがって、幼少から、クローデルは多大な親日家であった。  クローデルはフランス人らしくロマンチックな人であった。若き日、中国福州での勤務により、ホームシックになったのか、あるいは、環境の違から来るストレスであろうが、精神的にまいってしまい、一度フランスで療養することになる。 そしてそこで、運命の女性と出会い、大恋愛をすることになる。そしてこれが彼が大作家となるきっかけとなる。彼は、彼女との出会いにより彼の人生の意義を再発見する。それは、「薔薇」、「水」、「恋」であったようだ。  余談になるが、クローデルの運命の女性は、既婚者ではあったが、彼を追って、福州に住み、恋愛関係となり子供を出産する。さすがフランス人、としか言いようがない。それでクローデルの才能が更に開花し、この世に愛の結晶を授かったのであるのだから、なんともロマンチックであると私は思う。    さてここまでが前置きだ。 今日私が書きたいのは、日本人の高貴さについてである。 今日その高貴さについてまさに感じることがあったので書くことにする。  東京と長野は本質的に極めて異なる世界である。 長野というのは歴史的にも稲作が盛んな地域であることもあり、グループや集団意識、地域というものの結束がとても高い地域である。よって、自分のことより、他人とどう共存するか、を大切にする地域である。よって必然的に他者に関心を持ち、他者を知りたがり、他者に優しくし、他者に与え…という典型的な、他者尊重型日本文化が発展している地域であると私には感じられる。     私もかつてはそのような人間であった。 他者を思いやる 他者に尽くす 他者に優しい    しかしこのようなパラダイムは資本主義の競争においては、食われる原因にもなる。 なぜが。資本主義社会には獲物を狙う猛者が沢山おり、思いやりや優しさが蹂躙されることがしばしばであるからだ。資本主義というのは武器を経済に置き換えた戦いでもあるからだ。  私はこの事実を学び、人間は精神的にも物質的にも武装しなければならないことを学んだ。 人間は、優しさと同様に、強さを身につけなければならない。技術を身につけなければならない。生きるとは全てであり、優しさだけを意味しない。そもそも自然界がそういう場所だ。    思いやりや優しさは適切に表現されなければならないのだ。それを、的確に受け止められる人に施さなければならないのだと私は思っている。  したがって私は常に優しさを押し殺してきた。 優しいとは危険であることであるからだ。    しかし、当地長野は、縄文文化の影響でもあるのだろう。 絶望的に、他者に優しくあろうとするのだ。 優しいとはすなわち、人に施す、人に笑顔する、人に譲る、などのことを言う。 道路を歩行者として歩いていれば、100%車は道を譲ってくれる。クラクションで歩行者を脅すようなことは絶対にしない。 一つ別の例を上げる。先日、私は、東京の友人にフルーツを買おうと思って、市場に行き、沢山の買い物をした。 しかし残念な頃に、台風の影響で宅急便がやっていない。だから、私は、買ったフルーツを全部自分で食べようと思った。ところが、市場の人間は、フルーツを返品していいと言うのだ。私が買わなければフルーツは腐り、誰も買わず、お金にならないだろう。だが、彼らはそれでいいと言うのだ。挙句の果てに、新鮮な味噌汁を無料で振るまってくれた。当たり前のことと思うかもしれないが、経済活動において、1円でも安くして、競合に勝ち、市場で首位に出よう、などという記事を読んだあとには、やはり感心せざるを得なくなるのだ。    また、当地はそもそもお金儲けをしようという意識はあまりないように感じられる。例えば、温泉に行っても、ドリンクが無料で振る舞われている有様だ。温泉に入ったあとのドリンクは美味しい。人々は黙っていてもお金を落としていくだろう。それを無料にするのだが、お金儲けをしようという考えがあまりないことは明白である。彼らにしてみれば、お金儲けよりも、風呂に入った人に寛いでほしいということが大切なのであろう。経営者としての視点にたてば、残念な思いだが、人間としての視点にたてば、立派であると感心する。     また、当地は過疎の先進地でもあるが、高齢者にとても優しい地域である。当地は、川中島の戦いで武田信玄と上杉謙信が戦った激戦地から離れていないのだが、謙信に親しい土地であった。謙信という人は、日本人では珍しく、愛という言葉を尊重した人であった。兜に愛という言葉を飾るのであるから、なかなか素敵な人である。 謙信を愛する長野県の人は、高齢者に残虐であった信玄を嫌っているようだ。 私もどちらかといえば、信玄より謙信が好きである。総じて、信玄の山梨県は、我と押しが強く、謙信の越後・長野はいわゆる心優しい人が多いように感じる。つまり、長野は老人にも人にも優しいのだ。   楢山節考という映画があった。老人の口減らしの話だ。それも長野が舞台であったように思う。長野には姨捨という街がある。食物がないので、老人を捨てる。これをすなわち、姨捨という。しかし、そこには、愛があったように思う。生の不条理に悲しみながらも、捨てられるものは、その役割を、運命への憎しみではなく、静かな受け入れとして担っていたように感じる。  ここまでで長野について確認したいのは、彼らの優しさ、運命を受け入れるオリエンタリズム的な女性的な地域であるということである。 実際長野県はとても女性的な地域である。信玄は男性的、謙信は女性的。 八ヶ岳は男性的、妙高など北信五岳の山々は女性的である。 長野県が女性的であることを更に述べてみる。 野麦峠という映画がある。日本はその近代化を製糸業によってもなし得た。 Read more…

日本的な思考についての考察ー切手の貼り方に思う

今日は日本的な思考法の問題点について書きたいと思う。おそらくITなどの領域でも参考になると考える。   今日私は、海外の友人にハガキを送るために郵便局に行った。 農業に関わる人々が多い、この地域において、香水をつけてハイヒールを履いている私は、外国人のような存在だ。 あるいは外国人よりもっと変わっている存在だろう。毎日英語のラジオを熱心に聞いていたり、何しろほとんど空気を読まないのだから。 私は自分が成長するために、あえて空気を読まない選択をしていることは過去に述べた。物事にはプラスとマイナスがあり、リスクを承知で、その選択をしている。 主題に戻る。 私はそもそも日本人ぽくなく、自由なことや創造的なことが好きだ。人と同じことが昔から嫌いなのだ。もっともそれを受け入れるのに40年かかったのだが。 そして、沢山文章を書いてしまったので、切手の位置がいわゆる、正しい位置に貼れなかった。というより、確信犯で、貼らなかった。なぜなら、楽しく書きたかったし、たくさん書きたかったから。 そうすると、郵便局の女性にご指摘を頂いた。 郵便局の女性: ここに貼るのではないですよ。違います。 私:そうなんですね。私は興味があるのですが、なぜここに貼ってはいけないのか、教えていただけないでしょうか?私がはがきを書く目的は、相手に喜んでもらうことであって、自分もできる限り、楽しく面白く書きたくって、たくさん書いてしまったんです。それで、切手をここに貼ることになったんです。 それに、いわゆる定位置から離れていても今まで問題はなかったんですよ。なので、教えていただけませんか?切手を貼る位置がここではだめな理由があれば教えてください。 彼女:決まりだからです。 私:そうなんですか?もし、スキャンなどで、その位置に貼らないと問題がになるとか、そういうことが理解できれば、私は切手を定位置にこれからは貼ることにするのですが。でも決まりだから、だめだというのは、納得できないです。 彼女:すみません。申し訳ございません。 私: いや。何も謝るようなことでは・・・ まぁ、私も私だと思うが.....(告白するとあえて発展的に摩擦を起こすのが好きなのだ。) 私がここで問題にしたいのは;   1. それが決まりだから、駄目です。そいう考え方。 ⇒決まりを良く理解して、なぜ駄目なのか、どこまでなら良いのか、相手に十分に納得させることを日頃から心がけている必要があると思う。 2. 相手が自分の考えと違うとき、謝ってしまうこと。 ⇒私は謝ることなど求めていない。理解したかっただけなのだ。理解した上で、納得すれば、行動は当然変えるつもりだった。だから聞いたのだ。なにも謝罪しないでいただきたかった。 解説; 私は彼女は間違っていないと思う。まったく正しい。だた、これからの時代、こういう受け答えや考え方は、人や国を大きくしていかないと思うし、時代遅れになっていくだろう。 なぜならそれが決まりだから駄目、というYes Noだけの仕事なら、間違いなくAIがやる仕事になるだろうからだ。 それが問題だと言っているのだ。決まりだから駄目、というのは、非常に創造性、生産性のない回答である。そのことに気がついているのだろうか? 生産性というのは常に、今の状態を疑うことから来ている。決まりに反するから駄目という、日本式のマルバツの教育は本当に人生をつまらなくさせることに気がつくべきた。 これからは次のようになってほしい。あるいは私なら次のように言う。 規則ではこのようになっております。(規則の内容を説明)ですから、こういう理由で、ここまでは〇〇できるし、ここまでは〇〇できないないのです。ご理解していただけますとありがたいのですが。私ももっとお客様の意向に答えられないか、XXの決まりについてよく調べておきます。お客様もなにかお気づきになられましたら、教えてください! マルバツでなく、より包括的な答えともに探る、が正解ではないのか? 1 + 1 = x の解を教える教育ではなく、 無限大に X + Y + Z...... = Read more…

わが道をゆく mon chemin

日本には道という概念がある。 なにか、ある一つのことを極めることを道という。 武士道、書道、華道など沢山の道がある。 道を極めてゆくと、それは芸となる。 例えば、舞妓や芸子というのは、決して多くの西洋の人が思うような、東洋版の娼婦を意味するものではない。 芸子とは芸を行う人のことを言うのであり、美しいしぐさや、歌や踊りの芸を披露する人のことを意味する。 芸術家なのだ。 ところで、道というものは、決して平坦なものではない。 道というものは、日々の目立たない、面白くもない淡々とした努力の連続であろう。 また、一人で、暗い場所を目隠しされて歩くようなものである。 褒めてくれるものなど、どこにもいないのだ。 淡々とつまらない地道な努力を見えないところで行うことであろう。 ところが、歳を重ねると気がつくのだ。 人生の大事の多くは、取るに足らないものの中にしかないと。 だから我々はつまらない取るに足らないことを、大切にしなければならないのだ。 神がいるとすれば、そんなところに、神と呼ばれるものは宿っているのであろう。 人生は、今という永遠の瞬間しかないことに気が付きたい。 人生は今、という永遠の連続なのだ。 こころを静かにして、良く耳を済ましてほしい。永遠というこの瞬間に。 そこには蓮の花のように静かな空間がある。ゼロのある場所だ。 涅槃ということばがふさわしい場所だ。 その瞬間は絶えず我々から逃げてしまう。 エゴが騒ぐからだ。 しかし、意図すれば絶えず戻ってこられる。 誰にもその人の進むべき道というものがあると信じる。 ただそれを歩めば良いのだと考える。 現代の日本人に必要とされているのは、自らの道を歩く覚悟と勇気ではないか? 自立することだ。 本来我々にはその力があるはずだ。 すべての人が、その人の道を通り、そのらしい夢を叶えることを私は祈る。 良い一週間になりますように!    

人生がつまらない?ー年を重ねるほど可愛さが増す生き方をしようー「幸せ」を引き寄せるシャネルの言葉

  白鳥 ライフデザイン スクール 人生がつまらない?年を取ってから素敵になる生き方をしようー幸せを引き寄せるシャネルの言葉   こんにちは。通訳案内士(補)自分らしく生きるハッピーライフプロデューサーの白鳥れなです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今日も幸せを引き寄せるハッピーメソッド満載で、楽しい情報をお届けしていきます! 本日わたくしは、年を取ってから、すべてが良くなる生き方について書きたいと思います。   日本では、女の子といえば、若い女の子。 男性もやっぱり若い男の子。 それがいいとされますよね。 確かに若い子ってフレッシュだし やっぱり若くてかわいいって、こちらまでウキウキさせてくれるし、私も若い子と一緒にいるととても気分が明るくなります。   でも、もし、若い頃が頂点で、そのあとは、下降していくのは仕方がない、と社会前提で決めてしまったら、生きることがつまらなくなってしまいますよね。だったら年を取るって悲しいことじゃないですか。そうじゃなくて、だからこそ、年を取って素敵になっていく生き方をしなくてはいけないと思うんですよね。   私がイタリアにいたとき、イタリアのおばあちゃんが、とても可愛らして綺麗な人が多いことに気がづきました。 そしてよく言われるように、フランスのミドルエイジの女性が、素敵な女性が多いのも事実だと思います。もっとも、素敵の定義は、人によって違うので、あくまでも個人的な見解にすぎませんが。   この方は88歳の方だそうです。リーナさんという方で、泥棒を諭したとかそんな記事から、抜粋させていただきました。 88歳というのは本当か?とも思いますが、イタリアのおばあちゃんに、これくら可愛い人が結構な割合でいるのは事実だと思います。 自分はイタリアにいたころ、顔立ちが違うから、しょうがないと思っていたり、妙な嫉妬をしたりしたことがありましたが、どうやら、原因は顔立ちにあるのではないと最近思うようになりました。 それは何かというと、やっぱりいつまでも女性らしく美しくあろうとするこころが、あのような、美しく可愛らしいお年寄りを作っているということがわかってきたからです。 20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る (ココ・シャネル) 昔この言葉を聞いたとき、なんて厳しいことを言う人なんだと思いましたが、事実、自分しか自分の人生にも顔にも責任を持てない以上、彼女の言っていることは正しいのです。   水からの伝言という本があります。 ばかやろーと言った時の水の結晶と ありがとうと言った時の水の結晶   良く知られたことですが、下記のような違いがあります。 これに加えて、ネガティブに考えた時の顔と、ポジティブに考えたとき、自分の体にかかる負荷が違うのがわかると思います。 ま、いいか、と考えると肩の力が抜け、いい顔になるし。 やばい、このままでは、本当にやばい。 と思うと、やばい思いが体にずっしりと来ます。 なので、美容や健康の観点からも、明るく生きるのが正解だといえると思います。   というわけで、私たちも、いつになっても明るく、楽しく、美しく生きて、最後まで自分の花を咲かせてまいりましょうね! 良い一週間を! 自分らしさ大切にし、追求して、人生を成功させよう 世が憧れる女性は皆、目力が強い。 目力アップアドバイザーの白鳥れなが、セルフブランドを確立して、幸せを引き寄せるッソッドを享受します。ご一緒に、目力や美しさだけでなく、心の豊かさと、 自分らしい楽しい人生を歩むスキルを磨いてまいりましょう。(男性も歓迎します。) 白鳥れなの目力アップ・ハッピーライフ プロデュース レッスン Read more…
最強のストラテジーはユニークであること、

リンカーンの勇気が出る言葉ー欠点は美点の裏返し!

    白鳥 ライフデザイン スクール こんにちは。目力アップコンサルタント・セルフコンフィデンス・プロデューサーの白鳥れなです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 本日わたくしは、 さて今日は、愛について書きたいと思います。             愛というのはあまりにも壮大なテーマですが、それでも今わかる限りを書きたいと思います。             愛というのは、受け入れることと同義なのかなと最近思っています。 ここで受け入れるというのは、良いことと言われることも、悪いことといわれることも含めてすべてです。 むしろ、悪いことといわれることを受け入れることこそが愛で、最終的には、良いこととか悪いこととかは、存在せず、あるがままが存在するだけだと気が付くことなのかなと思っています。             私は、小さいころからいわゆる善を追求するのが人の道だと思っていました。多くの人が善が素晴らしいと思っていると思います。 私もそう信じて疑いませんでした。 でも絶対的な善って存在するんでしょうか?           ライオンはシマウマを食べます。 それはシマウマから見れば悪でしょう。 でもライオンから見たら悪でしょうか? 或いはほかの人の視点から見たらどうでしょうか? 絶対的な善とか悪って存在しないと私は思うんですよね。             Read more…

シャネルの勇気が出る言葉ードリームキラーに負けないで!

  白鳥 ライフデザイン スクール こんにちは。目力アップコンサルタント・セルフコンフィデンス・プロデューサーの白鳥れなです。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 本日わたくしは、ソイジョイを食べながらこのブログを書いております。 ソイジョイは、たんぱく質がとれて、お肌にも体にもいいし、小腹がすいた時には最高ですよね! さて今日は、ドリームキラーについて話をしようと思います。