価格が安いことは美徳ではない – 健全な自尊心と価値観のものさしを持つことのすすめ

Published by Hiromi Nishiwaki on

通訳案内士(通訳ガイド)

安いことは美徳ではない - 健全な自尊心と価値観のものさしを持つことのすすめ

 

こんにちは。
通訳案内士(補)Japan Happy Ambassadorの白鳥れなです。
先日通訳案内士の一次試験に合格し、現在12月9日の二次試験にむけて、勉強を頑張っております。

わたくしは、①外資系企業で20年勤務してきて様々な国の人とお仕事をしてきた経験から、また、②大学でフランス文学を専攻してきたことから、文化比較論に興味があり、今後、ここで、日本人が、これから真に成熟した国際人になるために、役立つような、文化論を展開していきたいと思っております。
とても面白く楽しく書いていこうと思っておりますので、ぜひ、お立ち寄りください!
また、日本に興味を持ってくださる外国人の方、或いは、日本にお住いの外国人の方にとっても、役に立つような、核心をついた刺激的な文章にしたいと思っております。

 

 

 

さて、最近インドの音楽にはまっています。
インドの音楽ってリズム感があってとてもいいですね。
ちなみに、具体的に聞いているのは、映画”きっとうまくいく”という映画のサントラなんですが、なんか懐かしい気持ちになるんですよね。

これは、インドのエリートといっていい人たちの話ですが、彼らの葛藤やそれに対して乗り越えようとする姿勢を見ていると、そういう課題、つまり人としてどうありたいか、という問題はどこでも同じなのだとわかり、見ていて幸せな気持ちにしてくれる映画でした。

 

 

 

さて、本日のテーマ〚安いことは美徳ではない - 健全な自尊心と価値観のものさしを持つことのすすめ〛についてです。

例えば、誰かがあなたの来ているジャケットを、”素敵ですね!”と言ってくれたとしましょう。あなたなら何と答えますか?
私が良く聞く答えの一つに、”えー。でも安かったからー。”XXXでXXX円だったし。”という
言葉をよく聞きます。そのたびに私はがっかりします。
なんで、素敵ですね!、と言ったら、でも安いからっていう答えがやってくるんでしょうか?

私はその原因として以下の二つを考えることができると思います。

まず、一つ目は、日本の教育です。
日本では、謙虚さが大切だと教育されています。

特に、”自慢してはいけない”或いは、”傲慢になってはいけない”と教えられます。
(基本的に日本は~をしてはいけない。という"Do not”の文化ですね。私のような人間には、非常にそれが窮屈なのですが。笑))

しかし残念なことに、同時に、褒められたとき、或いは、自分のいグローバル コミュニケーションいところを、人に認めてもらった時、”ありがとう”と言って受け入れていいという教育も、なされていないのです。そして、それは非常に残念なことであると言えるのではないのでしょうか?
これに加え、人を褒めることの大切さも教育されません。

その結果、健全な自尊心が育めないという結果に繋がります。

誰かを褒めるとか、誰かに褒められるということに対して、肯定的な教育がなされていないのですから当然です。

それゆえ、健康的な自己評価も他者評価ができなくなり、妙な嫉妬や、卑下など、或いは、脆弱な自己承認に繋がっています。とても残念なことですよね。
ぜひ、人に褒められたら、素直に喜んでいいという、加点型の教育システムにしていってほしいと思います。

 

もう一つ話をシェアさせてください。

私の近くの文房具屋さんは、かなり古い文房具屋さんですが、古くてもいいものを売っています。そして当然ながら、文房具の知識は豊富です。

過疎地の当地では、客数も少なく、繁盛している感じはしませんでしたが、それでも、彼の温かい人柄が好きで、ちょっとしたファンになっていましたし、絵の具などは、外国の商品も売っていて、セレクションが良く、さすがに餅は餅屋だと、専門家として尊敬していました。私は、彼を応援するためにも、少しくらいならば、お金を多く払っても、彼のところで物を買おうと決めていました。

ある日、私は、仕事のために、きちんとした筆記具が必要だったので、100円均一に行かずに、2000円ぐらいの筆記具を買おうとして、その文房具屋さんにわざわざ行きました。

ここは田舎なので、2000円の文具を買う人はあまりいません。したがって、店頭には、高くても、500円程度の商品しか並べられていませんでした。

でも、私は彼に聞きました。”長く大切に使えるようないいものはありませんか? 予算は2000円くらいでお願いします。自分が気に入った商品があれば3000円は出せます。”

彼は言いました。”あるにはあるけどー。”そういって出してきてくれたんのは、10年位前の製品かどうかわかりませんが、とにかく、しっかとした一流ブランドの商品だったのです。見た感じも立派な商品でした。

でも彼が言った言葉は、次の言葉でした。
こんなもので良かったら、どうぞ”。

私は思ったのです。彼は謙虚ゆえ、”こんなもので良かったら”といったのでしょう。

でも、お客さんや商品や作ったメーカーのひと、技術者はどう感じるでしょうか?
作った人は、情熱と愛をこめてその商品を作ったはずです。
技術者は、汗を流して、一ミリの狂いもなく、設計しようとしたでしょう。トラブルを避けるため、テストを繰り返したかもしれません。
お客さんは、ものを大切にしたくて、その商品を買います。
物は、この世に役に立ち愛されるために生を受けます。
だとしたら、謙虚さとは何でしょうか?
こんなもので良かったら、どうぞ”。それは、謙虚なことでしょうか

Sailor SHIKIORI

私であればこういいます。
”これはね、お客様のような方に巡り合うために、ずっと大切にしてきたものなんですよ”

いずれにしても、これは話の一例ですが、いずれにしても、日本は、謙虚さということについて、もう一度しっかりと考えるべきです。
褒められたら、素直に”ありがとう!”といえるような、また、自分の持ち物や、自分自身に対して、健全な自尊心を育む教育をするべきであると考えます。
私は、日本も世界も、減点型の教育をするべきではないと思っています。
減点型とは、できて当たり前、の世界で、何かができても褒められません。
これでは、脳にある報酬系の部分が満足されず、それゆえ、自分らしく生きるとか
自分らしさや個性がわからなくなってしまうと思っています。
それよりも加点系の教育システムを用いるべきです。
加点系とは、出来たことを数えていくシステムで、プラスしかないのです。
できなければ、そこから学べばいいわけで、学んだ時点で、それも一つの加点なのです。

さて、もう一つの理由については、明日お話いたしましょう。
ですが、フライングで理由だけ先に言いますね。
それは、”物の価値観のものさしをもっていないため。です。
長くなりましたので、明日にします。

 

白鳥れなのセルフブランディングセミナー

自分らしさ大切にし、追求して、人生を成功させよう

世が憧れる女性は皆、目力が強い。 目力アップアドバイザーの白鳥れなが、セルフブランドを確立して、幸せを引き寄せるッソッドを享受します。ご一緒に、目力や美しさだけでなく、心の豊かさと、 自分らしい楽しい人生を歩むスキルを磨いてまいりましょう。(男性も歓迎します。)

 

白鳥れなの目力アップ・ハッピーライフ プロデュース レッスン

大手外資系企業で20年のグローバル・キャリアを持ち、イタリア暮らしで、人生を楽しく美しく生きる哲学を学んできた、ハッピーライフプロデューサーの白鳥れなが皆様が気がづかない個性や魅力や、皆様がこれから伸ばしたいとお考えになっている個性や魅力を発掘・確認して、心も瞳も美しい目力美人にあなたを導きます。また、キャリア相談や、恋愛相談、起業相談も承ります。嬉しいブルガリアローズコスメのプレゼント付き。  初回1時間5000円 、二往復分のメールカウンセリング付き。

お申し込みはこちらからどうぞ。

[contact-form-7 id="4537" title="お問い合わせフォーム"]

今日も笑顔で行きましょう!

 

 

 


Hiromi Nishiwaki

Office Flora "JAPANOPHILE " Promotion was founded as a Japanese culture Research firm in 2017. We provide exciting information on Japanese Art and Culture and offer intellectual excitements though the prism of Hiromi Nishiwaki. We provide deep insights about Japanese traditional culture and Art from a Western perspective while keeping the core concepts from the Japanese Spiritual and traditional values intact. Our mission is to contribute to world happiness and prosperity.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.