Self Branding

Published by Hiromi Nishiwaki on

世界中の人々が、ブランドに憧れる。

同じようなものであっても、シャネルのロゴが入っていれば、高級に見えるし、人々はそれを持っている人を、すごいと無意識に感じるものである。

私も、学生のころ、あるいは30代の後半までは、ブランドに憧れたものだ。

持っている人を羨ましく思い、持っていない自分を、悲しいと思ったこともある。

しかし今は、別にそう思っていない。確かに素敵だと思うが、持っている人を妬ましく思うことはない。

なぜか、名前でなく、中身を見るようになったからである。

物事を、名前で追わず、中身で理解判断するようになると、実は、高価であるものが、必ずしも、最高品質であるとは限らないことが分かってくる。

どうように、たとえ、ブランドでなく、無名であっても、中身や品質が良いものが沢山あるのだ。

品質が良く、長く大切に使えるものであるのならば、スーパーブランドの名前がついていなくても良いだろう。

質が良く、安価であるなら、最高ではないか。

そして、実は、世の中には、質が良く、安価なものが沢山あるのである。(良品計画のことを指しているわけではない。)

そういった宝物を追いかける毎日をしてみるととても楽しい。

また、人間も同様なのだ。

有名企業・有名大学に属していなくても、中身があり、質の高い人生を送っている人は沢山いるだろう。

要は、中身を充実させたいということだ。

中身があれば、外側はおのずとついてくる。
逆も真であるが、中がより大切だ。

さあ、日々、中も外も耕そう。種をまけば、必ず花は咲く。

 

 

Hiromi Nishiwaki

Office Flora "JAPANOPHILE " Promotion was founded as a Japanese culture Research firm in 2017. We provide exciting information on Japanese Art and Culture and offer intellectual excitements though the prism of Hiromi Nishiwaki. We provide deep insights about Japanese traditional culture and Art from a Western perspective while keeping the core concepts from the Japanese Spiritual and traditional values intact. Our mission is to contribute to world happiness and prosperity.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.